ケニー、安らかにお眠りください。(この記事は過去記事です)

↓↓↓↓↓

 この曲はずっと訳したかった1曲。記事を書き終えますが、和訳にあまり自信ありません…(^▽^;)
 (ですので誤訳・間違いが発覚したら直していきたいと思います 笑)

◆なぜ訳したかったかというと…この曲、ギャンブル、カード(トランプ)のゲームのことを歌っていますが、"人生"のことを歌ってますよね。

 ケニー・ロジャースが物語を語るように歌います。僕の持っていたケニーのレコード(ベスト盤)には訳詞が載っていませんでした。耳で聴いたときから、なんて歌ってるんだろう?というのは興味あったのですが、レコードの英詞を目で追って、フムフム…と思った程度で終わっていました。和訳ブログを始めてから、この曲のことを想い出し、その「人生訓」はいつかしっかり訳してみたい…と思っていました。

◆"The Gambler"は全米シングルHot100では最高位16位どまりでしたが、米国ではこの曲はケニーのテーマソングといってもいいほどの曲です。この歌がきっかけとなって、"Brady Hawkes"という名前のギャンブラーとしてケニーが主人公のテレビ番組がシリーズとして作られました。スゴイ(^^)/

Kenny Rogers as The Gambler (1980) (TV)
Kenny Rogers as The Gambler: The Adventure Continues (1983) (TV)
Kenny Rogers as The Gambler, Part III: The Legend Continues (1987) (TV)
The Gambler Returns: The Luck of the Draw (1991) (TV)
Gambler V: Playing for Keeps (1994) (TV)

imageKenny


◆列車のなかで、とある男に出会った。その列車は「行き先のわからない」列車。
 "Son…"と語りかけてくるからには、その男は高年齢なんだろうな。"Summer's eve"も「本格的な夏になる前」?よくわからなかったのですが"midsummer eve"が「夏至の日の前の日」ということなので「夏至の手前の暑い日」としました。

では、その歌詞と日本語訳(By 音時)です。

s-l300


Songwriters
 BRADLEY, ROBERT/NEHRA, MICHAEL/NEHRA, ANDREW/FOWLKES, JEFF
Lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC

Released in 1978
US Billboard Hot100#16
From The Album"The Gambler"

:原詞は太字

On a warm summer's eve
On a train bound for nowhere
I met up with the gambler
We were both too tired to sleep
So we took turns a-starin'
Out the window at the darkness
The boredom overtook us,
And he began to speak

夏至の手前の暑い日だった
行き先もわからない列車のなかで
俺は"ギャンブラー"に出会ったんだ
二人とも眠るにゃ疲れすぎてたよ
そんなんで俺たちは代わるがわる
窓の外の暗闇をじっと見たりしてたんだ
もう退屈でやってられなくなってきたとき
"ギャンブラー"は話し出したんだ…

He said,
"Son, I've made a life
Out of readin' people's faces
Knowin' what the cards were
By the way they held their eyes
So if you don't mind me sayin'
I can see you're out of aces
For a taste of your whiskey
I'll give you some advice"

ヤツは言った
"なあ若いの 俺はな
人の表情を読んで
人生を生きてきたのさ
どんなカードを持ってるかは
そいつの眼を見りゃわかるんだ
はっきり言うんなら
おまえさんはエースを持ってないんだな
そのウイスキーをちょっともらえたら
おまえさんに
アドバイスをしてやれるぞ

So I handed him my bottle
And he drank down my last swallow
Then he bummed a cigarette
And asked me for a light
And the night got deathly quiet
And his face lost all expression
He said,
"If you're gonna play the game, boy
You gotta learn to play it right

そこで俺がボトルを渡したら
ヤツはぐいっと飲み干したんだ
それから タバコをせがんできて
火もつけてくれって言うのさ
その夜はものすごく静かで
ヤツがどう思ってるかは
表情からは読めなかった
ヤツは言った
"ゲームをするんだったら
セオリーを学ばなきゃダメさ"

You've got to know when to hold 'em
Know when to fold 'em
Know when to walk away
And know when to run
You never count your money
When you're sittin' at the table
There'll be time enough for countin'
When the dealin's done


"タイミングを知らなきゃダメだ
どんなとき持つのか
どんなとき抱え込むのか
どんなとき立ち去るのがいいのか
どんなときに勝負に賭けるのか
テーブルに座ったときは
自分の金なんか信用するな
金を数えていいのは
取引が終わってからだ"

Every gambler knows
That the secret to survivin'
Is knowin' what to throw away
And knowin' what to keep
'Cause every hand's a winner
And every hand's a loser
And the best that you can hope for
is to die in your sleep

どんなギャンブラーも知ってるんだ
生き残る術(すべ)をな
何を捨てるのがよくて
何を捨ててはいけないのかを
なぜかと言えば
誰だって勝者になるし
誰だって負け犬にもなる
眠りながら安らかに死ねたら
それが最高の死に方さ

And when he finished speakin'
He turned back toward the window
Crushed out his cigarette
And faded off to sleep
And somewhere in the darkness
The gambler he broke even
But in his final words
I found an ace that I could keep


ヤツは話し終えたとき
くるりと振り返って窓の方を見た
吸ってたタバコを潰したかと思ったら
うとうとして寝入っちまった
暗い闇のどこかで
ギャンブラーは損得半々で生きてるんだ
でもヤツの残した最後の言葉…
俺は"俺のエース"を見つけたのさ

You've got to know when to hold 'em
Know when to fold 'em
Know when to walk away
And know when to run
You never count your money
When you're sittin' at the table
There'll be time enough for countin'
When the dealin's done


それはこういうこと
"タイミングってもんが大事なんだ
どんなとき持つのか
どんなとき抱え込むのか
どんなとき勝負を避けて
どんなとき勝負をするのか
テーブルに座ったときは
自分の金なんか信用するな
金を数えていいのは
取引が終わってからなんだ"

You've got to know when to hold 'em
(When to hold 'em)
Know when to fold 'em
(when to fold 'em)
Know when to walk away
And know when to run
You never count your money
When you're sittin' at the table
There'll be time enough for countin'
When the dealin's done


"タイミングってもんが大事なんだ
どんなとき持つのか
どんなとき抱え込むのか
どんなときに立ち去るのがよくて
どんなときに走りだすのか
テーブルに座ったときは
自分の金なんか信用するな
金を数えていいのは
取引が終わってからなんだ"

You've got to know when to hold 'em
Know when to fold 'em
Know when to walk away
And know when to run
You never count your money
When you're sittin' at the table
There'll be time enough for countin'
When the dealin's done


"タイミングってもんが大事なんだ
どんなときに我慢するのか
どんなときに守るのか
どんなときに勝負を避けるのか
どんなときに勝負をするのか
本気で決心すべきときには
金のことなんか考えるな
あれこれ計算したりしていいのは
自分の決心を決めてからなんだ"

(Words and Idioms)
cf.midsummer eve=夏至の日の前の夜
take turns=交互に物事をする
swallow=〈飲食物を〉ぐっと飲む,飲み込む.
bum a cigarette = たばこをせびる
die in one's sleep =眠りながら[安らかに]死ぬ
break even= (商売・賭博などで)とんとんになる, 五分五分になる.

日本語訳 by 音時

kenny-rogers-farewell-concert


◆ババ抜き(トランプ)で"ババを持っているかどうか"表情ですぐにわかってしまう人(=僕?)もいます。"I can see you're out of aces"(おまえ、エース持ってないな?)…そんなこと初対面で言われたら気になって、なんでそう思ったのか聞きたくなってしまいますね。

◆"If you're gonna play the game, boy You gotta learn to play it right"と、「ギャンブルをするなら、正しいやり方を学ばないとダメだ」とギャンブラーは言いますが、これも「人生」のことを歌っているんでしょうね。
 最後に彼は自分の「エース」を手にします。それは、"ギャンブラー"の言った「ゲームに勝つための方法」であり「人生訓」でした。

それは、
・"どんなときに耐えて、どんなときに勝負に出るのか"ということ。
・"勝負するときは、お金のことは考えない"ということ。

51vM3+2CbIL._SX385_


◆ギャンブラーの言葉=ギャンブルに勝つためのセオリー=人生訓ですが、

A:know when to hold 'em
B:Know when to fold 'em

A:"hold"は「とっておく」「保持する」。カードを捨てないで取っておく。「耐える」「我慢する」と訳しました。
B:"fold"は「折りたたむ」「抱き寄せる」。"hold"よりも"大切にする"ってニュアンスなのかなと思い、「守る」と訳しました。

C:Know when to walk away
D:know when to run

C:"Walk away"は「通り過ぎる」「立ち去る」。"勝負を避ける"と訳しました。
D:ここが一番悩みました。"Run"だから"走り去る"という意味かもしれませんが、Cとの対比と、人生訓として考えた場合に、"Run"は逃げる方ではなく、一気呵成に前に出る方なのかな?と思い、"勝負に出る"と訳しました。

・・・訳が間違ってたらゴメンナサイ。でも、こういう曲に出会って、和訳するのはやりがいがあって面白いです!



◆円熟したステージ。日本の歌手に例えるとさしずめ…。



◆行き先もわからない列車のなかで話しかけてきた老人。そいつは"The Gambler"、人形が語ります…!




◆この曲も"ギャンブラー"が主人公。ボブ・シーガーの"Still The Same"。