アルバム「シアー・ハート・アタック」でこの曲はA面で"Killer Queen"の終わったあと、ロジャーの"Tenement Funster"(意味は"安アパートの変わり者"ってところでしょうか?)から途切れずに始まり、"Lily of the Valley(谷間のゆり)"に流れるように続いていきます。

シングルだと"Killer Queen"のB面でしたので、シングルで聴いた人も多かったかもしれませんね。

862593


◆この曲はフレディ作。なかなかカッコいい、コーラスもクイーンらしい曲。ただ何を歌っているのかというと...

"Flick of the wrist"でおまえは死んじまうのさ!

flick=物を軽く打つこと。指先などで軽くはじくこと。
wrist=手首

手首をひょいと動かすだけで、フレディ(クイーン)を操ってしまうレコード会社のことを歌ってるんですね!

188f8963f5bfde712dfe7c6c71ba77ab


◆次作アルバム「オペラ座の夜」のオープニングの"Death On Two Legs"も罵詈雑言でスゴかったです(^▽^;)が、こちらはその前にすでにかなりの恨み、皮肉、を込めて歌にしていたんです!

僕の持ってるシンコー・ミュージックの「全曲解説シリーズ クイーン」のこの曲の解説のところに、ブライアン・メイが当時言っていた言葉が載っていました。

「僕らには成功ってもののイメージはあったんだよね。ロールス・ロイスを乗り回すとか」
「でも現実の僕らは相変わらずロンドンの狭いアパート暮らしが続いていたんだ...」


そうしたメンバーの不満を代表して、フレディが曲を作った!ちゅうわけですね!!

(Mercury)

UICY-40253

Released in 1974
From The Album“Sheer Heart Attack”

:原詞は太字

"Dislocate your spine if you don't sign" he says
"I'll have you seeing double"

ヤツは言う
"サインしなけりゃ背骨をへし折るぞ"
"おまえの視界をぼやかしてやろうか?"

Mesmerize you when he's tongue-tied
Simply with those eyes
Synchronize your minds and see
The beast within him rise

おまえを催眠にかけるんだ
言葉少なく その両目だけ使ってね
ヤツの意のままに操られて見るがいい
ヤツの中のケダモノが起き上がる

Don't look back
Don't look back
It's a rip-off

ふり向くんじゃない
ふり向くな
みんな むしり取られるぞ!

Flick of the wrist and you're dead baby
Blow him a kiss and you're mad
Flick of the wrist - he'll eat your heart out
A dig in the ribs and then a kick in the head
He's taken an arm and taken a leg
All this time honey
Baby you've been had


手首の動きだけで おまえはおしまいさ ベイビー
ヤツに投げキス おまえは狂っちゃうのさ
手首を動かすだけで おまえの心は喰われちまう
脇腹を小突かれて ひどい衝撃さ
がんじがらめさ 腕も足も
ずっとそうだったのさ
ベイビー おまえは囚われの身なんだ


"Intoxicate your brain with what I'm saying
If not you'll lie in knee-deep trouble

"俺の言うことを聞いてりゃいいのさ
さもなくば おまえは身動きが取れなくなる"

"Prostitute yourself," he says
"Castrate your human pride
Sacrifice your leisure days
Let me squeeze you till you've dried"


"金のために働くがいい"ヤツは言う
"人間のプライドなんか去勢して
自分の時間も犠牲にするんだよ
おまえを搾り取るのさ
カラカラに干からびるまで..."

Don't look back
Don't look back
It's a rip-off


ふり返るな
ふり向くんじゃない
そいつは ぼったくりだ!

Work my fingers to my bones
I scream with pain
I still make no impression


指の先から骨身まで働いて
痛みで叫び声をあげる俺だけど
まだ印象に残る曲を書けてないんだ

Seduce you with his money-make machine
Cross-collateralize,
 (big-time money, money)
Reduce you to a Muzak-fake machine
Then the last goodbye


金儲けの機械でおまえを誘惑して
相互担保を取られるのさ
(大金を稼げってさ)
インチキ音楽の機械でおまえをすり減らし
そしたら ポイ捨て  サヨナラさ

It's a rip-off

そいつはペテンじゃないか!

Flick of the wrist and you're dead baby
Blow him a kiss and you're mad
Flick of the wrist - he'll eat your heart out
A dig in the ribs and then a kick in the head
He's taken an arm and taken a leg
All this time honey
Baby you've been

手首の動きだけで おまえはおだぶつ
ヤツに投げキスして狂っちまうんだ
手首を動かすだけで 心を喰われちまう
脇腹を小突かれて ひどい衝撃さ
がんじがらめさ 腕も足も
ずっとそうだったんだよ
ベイビー おまえはずっと...

(Words and Idioms)
dislocate=(…を)脱臼(だつきゆう)させる、(…の)調子を狂わせる、(…を)混乱させる
spine=脊柱(せきちゆう)、脊椎(せきつい)骨
seeing double=(Urban dictionary)An effect, usually brought on by exaustion, alcohol, or a few of the more illegal drugs, which cause a person's eyes to focus on nonexistant points. The resulting effect is that they see two of everything.
mesmerize=催眠術をかける、魅惑する、魅了する
tongue-tied=(驚いたり,人前ではにかんだりして)ものをすらすら言えない...
Synchronize=同期する
rip off=はぎ取る、略奪する、盗む、奪う だます、だまし取る
dig someone in the ribs=〔合図するために〕肘や指などで(人)の脇腹を突っつく
kick in the head=頭への蹴り 〈比喩〉ひどい衝撃
intoxicate=〔薬などが〕~を中毒にする; 〔酒・麻薬などが〕(人)を酔わせる
knee-deep=〔深さが〕膝までの[ある] 〔問題や仕事などで〕身動きが取れない
prostitute=〈作家・画家などが〉〈能力・名誉などを〉金のために使う;((~ -self))(金のために)卑しい行為をする
castrate=去勢する,(…を)骨抜きにする.
seduce=誘惑する
Cross-collateralize=相互担保
reduce=減らす

日本語訳 by 音時

P_10137E_A
クイーンのLPレコード、そう、蝶々のイラストでしたよね!


◆はい、この曲もかなり辞書を引きました。なかなか知らなかった単語、イディオム、沢山ありました。

このアルバムは小さいときから聴いていましたが、この曲は「キラー・クイーン」やライの国が歌詞に出てくる「谷間のゆり」に挟まれてるし、B面では「神々の業」で始まり、「神々の業~Revisited」で神が再び降臨?して終わるため、なんとなく、神秘的で超人的な、神や悪魔、黒魔術などのイメージで捉えていたんですよね。手首の動きだけで催眠術をかける魔術師に気を付けろって歌なのかなと思ってました。

なんか僕のクイーンの神秘的なイメージがまたひとつ崩れてしまいましたね~(^▽^;)。でも...逆に人間らしさを再発見できたのかな...そう言っておこう...!

SheerHeartQ
フレディ以外の三人が笑ってる、このアルバムのオフシヨットも僕の好きな写真です。

◆おおっこの動画「Tenement Funster」~「Flick Of The Wrist」~「Lily of the Valley」の3曲を、アルバムの通り連続して聴くことができるようになってる!やっぱりこうやって聴きたいですね。



◆当時のクイーンのライブから。フレディの白タイツがまぶしい!




◆"Flick Of The Wrist"のイントロをピアノで弾く人。