都会の夏の夜...若いときは好奇心わくわくでした。
何かいけないこと、僕の場合は実際にはしないんだけど、いろんなことを考えたリしました(^▽^;)

オジサンになった今は暑いのイヤだと家にいた方がいいと思ってしまいますね。


◆アバのこの曲はこの季節に想い出すナツウタです。
僕の知ってるのは、ビートのある、いきなりコーラスで"Summer night city..."と始まるバージョンだったのですが、最初にビヨルンがメインで歌い、そのあとディスコサウンドになるバージョンがあるんですね。(冒頭の動画と後半のライブ動画)

 なんかこちらの方が、「わびしさ」がより増す感じがします。


i-img1200x1195-1549764057jxfxef21966


written by Benny Andersson and Björn Ulvaeus


Released in 1978
UK Single Chart#5
From The Album“Greatest Hits Vol. 2"

:原詞は太字

End of night, a new day dawning
And the first birds start to sing
In the pale light of the morning
Nothing's worth remembering
It's a dream, it's out of reach
Scattered driftwood on a beach


夜が終わり 朝がやってくる...
朝一番の鳥が歌い始める
朝の淡い光のなかで
すべて忘れていいのさ
それは夢 もう手の届かないもの
浜辺に打ち上げられて
散乱した流木のようなもの...



Summer night city
Summer night city
Waiting for the sunrise, soul dancing in the dark
Summer night city
Walking in the moonlight, love-making in a park
Summer night city


都会の夏の夜
都会の夏の夜
夜明けを待ち  魂は暗闇を踊る人たち
都会の夏の夜
月明かりを歩き 公園で愛を交わす人たち
都会の夏の夜

In the sun I feel like sleeping
I can't take it for too long
My impatience slowly creeping
Up my spine and growing strong

I know what's waiting there for me
Tonight I'm loose and fancy-free


太陽が照ると 眠たくなってしまうけど
もう我慢ができないの
イライラがゆっくりと背中に忍び寄り
想いが強く大きくなっていく
何が私を待ってるのかわかってる
今夜は 縛られるものもなくて自由なの

When the night comes with the action
I just know it's time to go
Can't resist the strange attraction
From that giant dynamo
Lots to take and lots to give
Time to breathe and time to live


夜がまもなく近づいてくると
そろそろ出かける時間だわ
大きな発電機みたいな夜の街が発散する
不思議な魅力を抑えきれない
熱をもらって 沢山発散するのよ
息をして生きてるって感じる時なの

Waiting for the sunrise, soul dancing in the dark
Summer night city
Walking in the moonlight, love-making in a park
Summer night city

夜明けを待ち  魂は暗闇を踊る人たち
都会の夏の夜
月明かりを歩き 公園で愛を交わす人たち
都会の夏の夜

It's elusive call it glitter
Somehow something turns me on
Some folks only see the litter
We don't miss them when they're gone

I love the feeling in the air
My kind of people everywhere


輝きと言われるものは 手に入りにくいの
いずれにしても 何かが私をその気にさせる
そんなもんガラクタだっていう人もいるけれど
そんな人たち いなくなったって平気
この雰囲気が好きなのよ
私のような人 そこらじゅうにいるわ

When the night comes with the action
I just know it's time to go
Can't resist the strange attraction
From that giant dynamo

夜がまもなく近づいてくると
そろそろ出かける時間だわ
大きな発電機みたいな夜の街が発散する
不思議な魅力を抑えきれない

And tomorrow, when it's dawning
And the first birds start to sing
In the pale light of the morning
Nothing's worth remembering
It's a dream, it's out of reach
Scattered driftwood on the beach


そして明日の夜明けが来て
一番鳥の鳴き声がする頃
朝の淡い光のなかで
すべて忘れていいものばかり
それは夢 もう手の届かないもの
浜辺に打ち上げられて
散乱した流木のようなもの...

Waiting for the sunrise, soul dancing in the dark
Summer night city
Walking in the moonlight, love-making in a park
Summer night city
Waiting for the sunrise, soul dancing in the dark
Summer night city
Walking in the moonlight, love-making in a park
Summer night city


都会の夏の夜
都会の夏の夜
夜明けを待ち  魂は暗闇を踊る人たち
都会の夏の夜
月明かりを歩き 公園で愛を交わす人たち
都会の夏の夜...

Waiting for the sunrise, soul dancing in the dark
Summer night city
Walking in the moonlight, love-making in a park
Summer night city
Waiting for the...



(Words and idioms)
cf.footloose and fancy free=自由気ままで
cf.come into action=活動[働き]を始める.
dynamo=発電機
elusive=見つけにくい 捕まえにくい
litter=ごみ、がらくた


日本語訳 by 音時

600SummerABBA
こちらはピクチャーレコードの画像です。

◆この曲はアバたちがアルバム"Voulez-Vous"を製作するセッションのなかで生まれた曲で、当初の仮タイトルは"Kalle Sandare"とか"Dancing in the Moonlight"と呼ばれていたようですね。でも最終的にはアルバムには収録されないシングルとなり、アバの「グレイテストヒッツVol.2」に収録されました。
(アルバム"Voulez-Vous"の1997と2001 CDのリイシュー盤のボーナストラックとして収録されました)

100_5499552


夏の日の翌朝、新しい1日が始まるというよりも、前の日の熱気が残っていてゴミなんかも道に散乱してるようなそんな風景も思い浮かびます...。