ビリー・アイドルが出演しているという映画「ウェディング・シンガー」、レンタルで借りて観ました!
 この映画、1998年当時は「大好きなひとと一緒に観れると幸せになれる」というキャッチフレーズで日本でもそこそこヒットになったようですね(覚えておりません)。

81KU+oSvGlL._SY355_

◆まあ結末が想像できるラブ・コメディではありますが、ストーリーも安心できるし、80年代の洋楽がいろいろBGMで使われていて楽しめました!また、主演がアダム・サンドラーとドリュー・バリモアなんですね。これまで2人は、3回恋人役を務めていますが、最初がこの作品、そして僕のお気に入りの映画の1本「50回目のファースト・キス」が2本目だったんですね。(3本目は「子連れじゃダメかしら」とのこと…この作品は日本公開はありませんでした)

  ドリュー、笑顔が可愛かったです!

Wedding Singer

◆この曲「Grow Old With You」は映画のなかでアダム演じるロビーが、ドリュー演じるジュリアのために書いた曲。歌詞もアダム本人が書いたみたいですね。
映画のラストで歌います…!

Written By
Adam Sandler & Tim Herlihy

Grow Old With YOu


Released in 1998
From The Album“Wedding Singer Soundtrack Vol.2”

:原詞は太字

I wanna make you smile whenever you're sad
Carry you around when your arthritis is bad
All I wanna do is grow old with you

きみが悲しいとき いつも笑顔にしてあげたい
きみが足が痛いとき  抱っこして運ぶよ
僕が望むのは一つ
きみと一緒に年をとりたいんだ

I'll get your medicine when your tummy aches
Build you a fire if the furnace breaks
So it could be so nice, growing old with you

きみがお腹が痛いとき 薬を持ってくよ
暖炉が壊れたとき 僕が火をおこす
だからきっとすてきだよ
一緒に年をとってくのって

I'll miss you
Kiss you
Give you my coat when you are cold
Need you
Feed you
Even let you hold the remote control

きみが恋しいんだ
キスしたいのさ
寒いときはコートをかけてあげる
きみが必要なんだ
食事も僕が作るよ
テレビのリモコンもきみが持ってていいのさ

So let me do the dishes in our kitchen sink
Put you to bed if when you had too much to drink
I could be the man who grows old with you
I wanna grow old with you


だからキッチンの洗い物も僕におまかせを
飲みすぎちゃったときはベッドに運ぶよ
きみと一緒に年をとるのは僕なんだ
僕はきみとずっと一緒に
年をとっていきたいんだ...

(Words and Idioms)
arthritis=関節炎
tummy=おなか
furnace=かまど

日本語訳 by 音時

41XHTJXZBTL


◆この曲があったからこそ、「50回目のファースト・キス」でのこの曲が使われたのかな、と思ってしまった。とてもシンプルで素敵な曲です。

◆さあ、このブログをご覧になっている皆様、洋楽が好きな方はこの映画、レンタルで借りて観てください!
 あっ、この曲なんだっけ?? っていっぱい出てきて楽しいですよ。(ちょっと「君は完璧さ」の使われ方がイジリすぎかなあ。笑っちゃったけど…、ホール&オーツの「You Make My Dreams」は楽しい場面に使われていて好きだな!)

そして見どころの一つはやっぱりビリー・アイドル!
挿入歌で「White Wedding」が使われるだけじゃない…。ビリー様の大活躍は思わず笑ってしまいます。

独りでも楽しめますが、
ぜひ大好きなひとと一緒に観て幸せになってください!(^▽^)


◆ 映画のオープニングは結婚式でみんなが踊ってる場面。曲はデッド・オア・アライヴのあの曲です。




◆こちらは「The Wedding Singer」の予告編です。



◆こちらは劇中での歌われる場面。ビリー様大活躍。ネタバレになりますので見る人はご了承を。最後にはあの曲が流れます…。



(この曲を買いたい)
「ウェディング・シンガー」のサウンドトラック盤を購入しましょう。
「1」と「2」があって、どちらも80年代の洋楽ヒット満載です。
ただし、この曲「Grow Old With You」は「2」の方のみに収録されていますのでご注意を!
EIGAFAN.com