別に夏を歌っているわけではないのですが、夏といえば、TUBE、サザン、そしてパブロ・クルーズは欠かせないでしょう!!

ということでこの間の「恋」の付く曲で僕も候補曲に挙げていた「恋の水平線」です。


 


 パブロ・クルーズのこの曲、邦題「恋の水平線」って...?
Album「Worlds Away」のジャケットが水平線が描かれていることからついたのでしょうね。

uicy-75591_ldp_extralarge.jpg

でもこれ、単純に下が紺色になってるだけで、海(水平線)を表してるわけではないかも。

◆僕はサーフィンをしたことがないのでわかりませんが、パブロ・クルーズの音楽は「サーフ・ロック」というジャンルに分けられるようです。リズム、ギターの音色、コーラスなどが爽やか?で、歌詞に海とか波とか太陽とかがよく出てくるような音楽をそう言うのかな。

 パブロクルーズの場合は、1stアルバムのラストを飾る「Ocean Breeze」がアメリカのサーファーの間で人気が出て、2ndアルバムの「Lifeline」は上半身裸のメンバー4人のジャケット、こんなところからイメージが定着し、3rdアルバム「A Place In The Sun」のジャケットからはヤシの実のついたロゴマークが載るようになります
 
20150731fb

 この曲「Love Will Find A Way」は「Whatcha Gonna Do?」に引き続き、ラジオ番組「全米Top40」で知った曲でした。当時聴いたイメージでは、ラジオ関東の電波の入りが悪かったのもあるが、最初のドドドドッドドドッと続くベースの音にジェンキンスのボーカルがボソボソッと低音で入ってくるので何て言ってるかわからなかったのですが、「Yeah、But It's all right (all rght)」からカラッとした曲調になり明るく前向きな感じの曲になります。これが、ただひたすら波がうねっていた海に、太陽が射してきた!夏だ!恋だ!という感じを持ってました。Album「Worlds Away」のジャケットの印象が強かったな。

Love will Pabro

Songwriters: LERIOS, CORY CHARLES / JENKINS, DAVID MICHAEL
lyrics c Universal Music Publishing Group, EMI Music Publishing

Released in 1978
US Billboard Hot100#6
From The Album“Worlds Away”

:原詞は太字

Someone
Someone's got me wrong
You thought that
Your love was strong
Now you're feeling like
Such a fool. poor you


誰か
誰かが僕を誤解したんだよ
きみの愛は強いはずと思ってたら
今じゃ自分が 
ただのおバカさんって思っているのかい
お気の毒にね

You're thinking
Maybe if you said goodbye
You'll understand the reason why
The love you had felt so cool

もしサヨナラを言ったらどうなる?
そう考えてるの?
きみにもどうしてなのか
理由がわかるでしょ
きみが感じてる愛は
よそよそしいんだよ

Oh, but it's all right
(all right)
Once you get past the pain
(Past the pain)
You'll learn to find your love again
(Find your love again)
So keep your heart open
Cause love will find a way


ああ でも大丈夫さ
(大丈夫さ)
一度、痛みを経験すれば
(痛みを経験しなきゃ)
愛を再び見つけることができるんだ
(再び愛を見つけてよ)
だから心を開いていこう
愛がどうしていいか教えてくれる

Sometimes we all
Feel a need to change
Our love we have to rearrange
And move on to something new
Yes, you do


ときどき僕らは誰もみな
変わらなきゃって思うんだ
僕らの愛も改めて見直して
新しくしないといけないかな
そうだよね

Your dreams feel like
They're falling apart
You need to find a brand new start
But you're almost afraid
To be true to yourself


もしかして夢を
あきらめなきゃいけないとき
新しい出発を
切らないといけないね
でもきみは自分に素直になれないことを
恐れているんだよ

Oh, but it's all right
(all right)
Once you get past the pain
(Past the pain)
You'll learn to find your love again
(Find your love again)
So keep your heart open
Cause love will find a way


ああ でも大丈夫さ
(大丈夫さ)
一度、痛みを経験すれば
(痛みを経験しなきゃ)
愛を再び見つけることができるんだ
(再び愛を見つけてよ)
だから心を開いていこう
愛がどうしていいか教えてくれる

Love will find a way
Love will find a way


そんなときも
愛が道を示してくれる
愛が教えてくれるんだ

Yeah, now so don't
Don't be afraid of yourself
Just move on to something else
And let your love shine through again


自分自身を恐れないで
素敵なものへと変わっていこう
きみの愛を再び輝かそうよ

Yes, cause it's all right
 (alright)
Once you get past the pain
(Past the pain)
You'll learn to find your love again
(Find your love again)
So keep your heart open
Cause love will find a way
Yes, it's alright (alright)
Don't be afraid
Case it's alright (alright)
Yes, it's alright (alright)
Leep your heart open
Cause love will find a way...


大丈夫なんだよ
さあ心を開いて
愛を信じるんだ
愛が教えてくれる
愛が道を開いてくれるんだ

(Words and Idioms)
get wrong =勘違いする 誤解する

日本語訳 by 音時

PabroLoveWill2
こちら日本盤シングルの別なジャケット。
これまでのアルバムカバーを載せていますね。
他のアルバムの購入意欲をあおってるのかな。


◆でも2012年までは、Pablo Cruiseは僕の好きなグループの1つでしかなかったのですが…2012年夏から「もっとも好きなグループの1つ」に格上げされました。何故かと言うと…生で、目の前で、ライブを観ることができたから(^▽^)!

2012年の夏、来日してくれた。BlUENOTE Tokyoの来日公演の感想です。また来日してほしい。
↓↓↓↓

41SGEFA39ML

3日間のうちの2nd ステージ。21:30からの開演。
自由席の整理番号が10番めだったのですが・・・なんと、1番前のど真ん中!

ジェンキンスの汗が飛び散る!
キーボードのコリーと何度も目が合う!
スティーヴのドラムテクニックが目の前!


1曲目の「Worlds Away~」をメンバーと一緒にスタンディングで熱唱。演奏上手いです。会場もBLUE NOTEだけある。こんな贅沢はありませんね~。Set Listは、ほぼLive CDと同じ。
これはLive CD編集の際に曲順を変えたのか何かで、もしかすると、本当はこの順なのかも。

-1. Worlds Away
-2. Place In The Sun
-3. Raging Fire
-4. Cool Love
-5. El Verano(instrumental)
-6. Island Woman
-7. Atlanta June
-8. Don't Wanna Live without It
-9. Love Will Find A Way
10. Zero To Sixty In Five(instrumental)
11. I Go To Rio
(Encore)
12. Whatcha Gonna Do

 実はLove Will Find A Way にてALLスタンドになった際に、ジェンキンスの足元にあったSet ListのPaperが見えてしまっていました!時間と会場の都合でラストに演奏予定で書かれていたOcean Breezeはやれなかったけど仕方ないなあ。I Want You Tonightは日本公演の6回のうち、どこかでやってもらえないかな。楽器の片付けをしていたクルーの人に
「Tomorrow、Please、play"I Want You Tonight"!」
と、ほぼ英単語の羅列でリクエストしておきました!
(出川さんより少しまし、の程度の英会話能力)。

その後、他の人のブログでのライブ・レポートを見ましたが、最終日には"I Want You Tonight"を演ったらしい←僕のおかげかも!)

 アンコール Whatcha Gonna Do にて、途中のサビにて、ジェンキンスがマイクを観客に向け、観客のみに歌わせるところで、"Whatcha Gonna Do When She Said Goodbye~"と、気持ちよく歌ってたところ、ジェンキンスに「おおお前はいいな~(you are GOOD!)」とホメラレタ!

こりゃ、忘れられない一曲になりますね(^▽^;)!

思えば「全米Top 40」での、Whatcha Goone Doや Love Will Find A Way・・・
ラジオの向うの未知な存在が、30年以上経ってライブで演奏が聴け、一緒に歌え・・・それも目の前で!本当に贅沢な一夜でした。再結成してくれてありがとう、Pablo Cruise!

◆70年代当時のライブ。屋外、ってのがパブロ・クルーズらしい!コーラスも若々しいな!




◆パブロ・クルーズ It's Good to be live! “Love Will Find a Way”.