だんだん春めいてきました。すると、そよ風にのって...花粉の誘惑がやってきます(-"-)
爽やかなタイトル「そよ風の誘惑」が台無しですね。失礼しました...!

◆うーん、思い出せない。なんで小学校のときにオリビアが人気があったのか?何で知ったのか?カントリーロードやジョリーンが流行る一昔前だったぞ。

◆金髪のきれいなお姉さんが歌う「そよ風の誘惑」を夢中で聴いていました。僕の弟がオリビアの武道館に友達4人で行くというのをうらやましく思いました。2階北スタンドというステージ裏!のとんでもない席でしたが(笑)。

◆この曲はHot100に登場して6週間でナンバー1ソングになりました。当時で言えばかなりのスピード記録です。一方、カントリー畑でもヒットしたということで古くからのカントリーファンやカントリー協会のお偉方は気に入らなかったらしいです。

 オリビア自身も「アパラチア?聞いたこともないわ。(カントリー音楽はアパラチア地方から発展した)私はイージーリスニングで誰でも好まれるような歌を歌いたいの。それが新しくても古くても、カントリーでも。」などと発言。
 この時代のカントリー観はかなり保守的だったのでカントリーの歌手ジョニー・ペイチェックは怒って「他のジャンルから誰かに入ってきてほしくない。我々がこれまで必死に培ってきたものを持っていってほしくない」等を発言したとのことです。
 オリビアはアメリカでの初めてレコーディングをナッシュビル(カントリーの聖地)で行うことにして和解をはかったといいます。そして、このときにできたアルバムが「たそがれの恋(Don't Stop Believin')」だということ...!
(ビルボード・ナンバー1・ヒット1971-1985 音楽之友社を参照しました)

◆「そよ風の誘惑」はラヴ・ソングではありません。
ジョン・ファーラーの作ったこの曲はオリビアの人生観が映され、また、オリビアが忙しい僕たちに向かって歌ってくれてた歌なんだと受け止めています。

ゆっくりね
自分を見つめて自分らしくね

オリビアがこう歌ってる気がします。(気のせいかも?)

41AJGSZTTSL

Song Title:「Have You Never Been Mellow」
Artist:Olivia Newton John
このアルバムジャケットで使われているフォントについて「黒字看板」さんが解説してくれています(笑)


Writer(s) John Farrar

Released in 1975
US Billboard Hot100#1
From The Album

There was a time when I was
In a hurry as you are
I was like you

There was a day when I just
Had to tell my point of view
I was like you

Now I don't mean to make you frown
No, I just want you to slow down 
そんな時があったわ
あなたのようにあくせくしていたの
私はあなたにそっくりだった

こんな時もあったわ
自分の意見を言わなきゃ気がすまない時が
私はあなたにそっくりだった

ううん しかめっ面にさせるつもりはないの
そうじゃなくて
あなたにペースを落としてほしいだけなのよ
Have you never been mellow
Have you never tried
To find a comfort from inside you

Have you never been happy
Just to hear your song
Have you never let someone else
Be strong 
あなたは気持ちが和らいだことはある?
自分のなかに安らぎを見つけようと
したことはある?

歌を歌って ただそれを聞くだけで
幸せな気持ちになれたことはある?
あなたは誰かを
元気づけられたことはあるかしら?
Running around as you do
With your head up in the clouds
I was like you

Never had time to lay back
Kick your shoes off, close your eyes
I was like you

Now you're not hard to understand
You need someone to take your hand 
あなたのように走り回ってたわ
空想にふけったりしてね
私はあなたにそっくりだった

リラックスする時間なんかなかったわ
靴をぬいで 目を閉じる時間なんかも
私はあなたにそっくりだった

もうあなたはわかるわよね
手を握ってくれる誰かが
あなたには必要だってことが
Have you never been mellow
Have you never tried
To find a comfort from inside you

Have you never been happy
Just to hear your song
Have you never let someone else
Be strong 
あなたは
和らいだ気持ちになることはある?
自分のなかに安らぎを見つけようと
したことは?

歌を歌ってただそれを聞くだけで
ハッピーになれたことは?
あなたは誰かを
元気づけられたことはあるかしら?

ゆっくりしてね
自分を見つめて自分らしくね

(Words and Idioms)
frown =眉をひそめる 顔をしかめる
with one's head in the clouds=空想にふけって
lay back=リラックスする


日本語訳 by 音時

11505

★「そよ風の誘惑」がALL JAPAN POP 20でNo1になった週のチャートです。
 (1975年6月第4週)

4位「カミング・ホーム」はコカ・コーラのテーマソング。6位スージー「Your Mama Won't Like Me」。11位ツェッペリン「Talkin' bout Love」カッコいい~。16位のバドカンも!20位スリー・ディグリーズは日本語での歌「み・て・た!は・ず・よ!あ~たしのきもち~が~」。

1 そよ風の誘惑 オリビア・ニュートン・ジョン
2 オンリー・イエスタデイ カーペンターズ 
3 スタンド・バイ・ミー ジョン・レノン 
4 カミング・ホーム グレン・キャンベル 
5 フィラデルフィア・フリーダム エルトン・ジョン・バンド 

6 ママのファンキー・ロックン・ロール スージー・クアトロ 
7 誘惑のロックン・ロール クイーン 
8 バッド・タイム グランド・ファンク・レイルロード 
9 キラー・クイーン クイーン 
10 涙のディスコティック フィリー・デボーションズ

11 トランプルド・アンダー・フット レッド・ツェッペリン 
12 初恋大作戦 シスター・スレッジ 
13 哀しみのマンディ バリー・マニロウ 
14 スヌーカルー リンゴ・スター 
15 ジャニュアリー パイロット 

16 グッド・ラヴィン バッド・カンパニー 
17 ヤング・アメリカン デビッド・ボウイー 
18 すばらしきカントリー・ボーイ ジョン・デンバー 
19 ラヴィング・ユー ミニー・リパートン 
20 にがい涙 スリー・ディグリーズ 

◆スタジオで歌うオリビア(1975年)。オリビア・スマイルというより、少々憂いを秘めた表情で感情こめて歌うのがいいな。



◆1976年の来日ステージ。武道館ですね!うちの弟が見に行ったときだな。



(この記事は以下を参考にしました)
・ビルボード・ナンバー1・ヒット1971-1985(音楽之友社)
・Wikipedia Have You Never Been Mellow
ジャケット写真もここからいただきました。