リズムもゆったりしててこれまでのLRBにはなかった感じの曲です。

この曲はリトル・リバー・バンドをグレン・シャーロックが脱退し、ジョン・ファーナムが加入した時期のヒット。1982年に「Greatest Hits」リリースの際の新曲でした。(LRBのオリジナルアルバムには収録はありません)
邦題は「二人の愛は」。全米チャートではトップ10の一歩手前、最高位11位で残念...でした。

hqdefaultLRB

ジョン・ファーナムは十代ではアイドル歌手、LRBには1982年から1987年まで5年間、LRBのボーカルを務めた(1987年にグレン・シャーロックが復帰)あとは、ソロシンガーとして活動。オーストラリアでは国民的歌手となっています!1986年には"You're The Voice"を世界的にヒットさせました。
こちらの方のブログをご参照ください)*リンクさせていただきました。

The Other Guy LRB

Song Title:「The Other Guy」
Artist:Little River Band

Songwriters: GOBLE, GRAHAM
lyrics © Universal Music Publishing Group

Released in 1983
US Billboard Hot100#11
From The Album“Greatest Hits”
I found out
that you care for another guy
I found out
that you want for another smile
We are alone
as two different people can be
And it's hurting me so just to know
That you don't care for me

The other guy won't be around
to talk to our kids
He won't understand
when you're down
the way that I did
We had it all you and I
We just need to try again 
僕は気付いたんだ
きみが他のヤツを気にかけてるって
僕は気付いたんだ
他のヤツの笑顔を見たがってるって
僕ら二人一緒だった
別々な人間がこんなにひとつになれるなんて
だから深く傷ついたんだ きみが
僕のこと好きじゃないんだって知って

他に誰もできないよ
僕らの子供たちと話せるのはね
ヤツはわかるはずないんだ
きみが落ち込んだときに
僕がやれるようにはね
二人で沢山のことやってきたよね
僕たちもう一度頑張る必要あるんだよ
I found out
that your hearts with another guy
You found out
that you're telling another lie
We've come apart
We're going our own seperate ways
And you don't understand
why I love you
And want you to stay...

The other guy won't be around
to talk to our kids
He won't understand
when you're down
the way that I did
We had it all you and I
We just need to try again 
僕は気付いたんだ
きみのハートは もう他のヤツのもの
きみもわかってるんだ
自分がまた嘘を重ねてるって
僕ら二人離れてしまい
別々な道を行こうとしている
でもきみはわかってるの?
僕がどれだけきみのこと愛してるか
僕がどれほどきみに
ここにいてほしいと願っているのかを

他のヤツにはできないさ
僕たちの子供たちと仲良くはね
ヤツにはわからない
きみが落ち込んだときに
僕がやったようにはね
きみと僕 沢山の思い出もある
だからもう一度
頑張ってみようよ
You don't know
it's me that you need
You're thinkin' of him
and I can't compete
But I'm here to say
I still want you back again 
きみはわかってないんだ
きみが必要とするのは僕なんだって
きみの心はヤツのもので
僕には太刀打ちできないけど
でも僕はここにいる
きみが帰ってくるのを
こうして願っているんだ
The other guy won't be around
to talk to our kids
He won't understand
when you're down
the way that I did
We had it all you and I
We just need to try again
他のヤツにはできないんだ
僕たちの子供たちと仲良くはね
ヤツは決してわからない
きみが落ち込んだときに
僕がやったようにはね
きみと僕 沢山の思い出がある
だからもう一度頑張ってみないか…


(Words and Idioms)
can't compete with=~には頭が上がらない

日本語訳 by 音時


220px-The_Other_Guy_-_Little_River_Band


◆歌詞ですが、"The Other Guy"はホントに自分なんかよりカッコいいヤツなんでしょうね。"can't compete "っていうイディオムは"太刀打ちできない"って意味のようです。
 それでも、"きみ"のことは一番自分がわかってる。きみが落ち込んだりしたときも、僕のように(きみを包み込んだり)ヤツはできないんだ…ってことなのでしょう。

 "…talk to our kids"というのは、すでに相手と自分の間には子どもがいて、子どもと(楽しく)会話できるのは僕だけ...("the other guy"は子ども嫌い?)ってことなのかな。子ども好き・家庭的な男であることをアピール...!それとも二人の間にはまだ子どもはいないけど、「僕たちの子どもはきっと可愛いよ?」なんて言っているんですかね?
 まあちょっと情けない男ですが、それでもきみを愛してる...という姿に共感を生むのかな…。


◆オーストラリアのTV番組でのThe Other Guyのライブ。コーラスは健在!なんかカントリーミュージックっぽいですね。



◆1983年のメルボルンでのライブ。



◆ジョン・ファーナムの大ヒット曲「You're The Voice」