卒業するみなさんに、この曲を贈りましょう!

信じることをやめないで。
Don't Stop Believin'…!

(卒業ソング 特集は明日が千秋楽です)





◆Journeyのアルバム「Escape」のオープニングのこの曲はタイトルのように"信じることをやめるな"というメッセージがあると同時に曲の構成もなかなか面白いです。とくに「プレ・コーラス」(Strangers waiting…!)の部分ですね。通常の曲ならプレがあったらすぐ本番に入っていくところを、この曲はまた演奏に戻ります(-_-;)

(前奏)~(verse)~(間奏)~(verse)~(プレコーラス)"Strangers waiting…"~(間奏)~(verse)~(プレコーラス)~(間奏)~(コーラス)"Don't Stop Believin'!

journey-dont-stop-believin1

◆田舎からも都会からも沢山の若者が深夜の列車に乗って都会に出てきます。そして都会で出会ったりしながら(この曲の歌詞だとGirlとBoyはタバコの煙が充満してワインや安物の香水の匂いのするバーで出会うのかな。Girlはそのバーの歌い手になっているのではないかな?)
そして皆、あきらめず"Working hard to get my fill、Everybody wants a thrill"しているのです!

 いつまでも影でいいとは思っていなく、スポットを当たる場所=Streetlightsを求めている人たちのことを"Streetlight People"と呼んで励ましている!のだと思います。

"信じることをやめないで"顔をあげていこう (^^)/。

Songwriters: CAIN, JONATHAN / PERRY, STEVE / SCHON, NEAL
lyrics c Journey - Weedhigh Nightmare Music

Released in1981
US Billboard Hot100#9
From The Album"Escape"

R-6266619-1415152466-6501.jpeg

:原詞は太字

Just a small town girl
Livin' in a lonely world
She took the midnight train goin'
anywhere


ちっちゃな町に住む女の子
淋しい心の持ち主さ
彼女は真夜中の列車に飛び乗った
どこか遠くへ行きたくて…

Just a city boy
Born and raised in south Detroit
He took the midnight train goin'
anywhere


こちらは都会に住むシティ・ボーイ
デトロイト南部で生まれ育ったんだ
彼も真夜中の列車をつかまえた
どこか遠くへ行きたくて…

A singer in a smoky room
A smell of wine and cheap perfume
For a smile they can share the night
It goes on and on, and on, and on


タバコが煙るバー
ステージで歌うシンガー
ワインの香り
安っぽい香水の匂いがプンプン
二人は笑顔を交わすだけで
今夜一緒に過ごすことになる
そしてこの物語は続いて行くんだ
ずっとずっと…

Strangers waiting
Up and down the boulevard
Their shadows searching in the night
Streetlights people
Living just to find emotion
Hiding somewhere in the night


名前も知らぬ者たちが待ち続けてる
大通りを行き交いながら
みんな夜の影となり
何かを探し続けてるんだ
灯りを求めて集まる人々
誰もが心にグッとくる感情を
ただ求め探して生きている
この夜のどこかに身を隠しながら

Working hard to get my fill
Everybody wants a thrill
Payin' anything to roll the dice
Just one more time


自分の夢の実現に向けて
頑張って働くのは
誰もがワクワクを求めてるから
チャンスをつかむためになら
何だってするんだ
さあ、もう一度

Some will win, some will lose
Some were born to sing the blues
Oh, the movie never ends
It goes on and on, and on, and on


成功する奴もいれば
失敗してしまう奴もいる
悲しい歌を歌うのに
生まれついた奴もいるんだ
ああ それでも映画は終わらない
名もない者たちの物語が
続いて行くのさ
ずっとずっと…

Don't stop believin'
Hold on to the feelin'
Streetlights people


信じることを止めてしまうな
想いを持ち続けるんだ
灯りを探し続ける人たちよ

Don't stop believin'
Hold on
Streetlights people


信じ続けるんだ
つらくても
灯りを探し続けて

Don't stop believin'
Hold on to the feelin'
Streetlights people


信じる気持ちを忘れるな
その感情を失うんじゃない
灯りはきっと見つかるはずさ

(Words and Idioms)
get my fill=~を)十分に得る、堪能する


日本語訳 by 音時

Don't Stop Journey

◆Wikipediaにちょっと面白い記事が出ていました。

歌詞にある"born and raised in south Detroit"ですが、アメリカのデトロイトには"South Detroit"と呼ばれる地域は「ない」とのことです!な、なんと…(゚Д゚;)!

 これはスティーヴが歌詞を書くときにこんな話が…。
「僕はまず“north Detroit”と歌ってみて、そのあと“east”も “west”も試しに歌ってみたんだけど、しっくりこなかったんだ。“south Detroit”がサウンド的にもぴったりしたんだよ。この響きがいいなと思ったのさ。“Sounth Detroit”って地名がアメリカにはなくって、カナダにあるってのをあとから知ったんだよ…!」

R-2839442-1303401881.jpeg

 そうなんです。“South Detroit”はミシガン州デトロイトとはデトロイト川をはさんでカナダのオンタリオ州ウインザーにある地名だとのこと。“語呂が合う”ので採用!ってことになったんですね(笑)

◆2020年12月にはスティーヴ・ペリーの復活!アルバム「Traces」が発表され、元気な声を聴かせてくれました。ジャーニーの来日も待ち遠しいですが、スティーヴのソロでの来日も期待したいです…!

steve-perry-traces-optimised-copy-770x462


◆"Don't Stop Believin'"が最高位9位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending December 19, 1981

"フィジカル"の長期政権。その陰で"きみのような女の子を待ち続け"て泣くフォリナー。"レッツ・グルーヴ!""オー、ノー!" 

-1 1 PHYSICAL - Olivia Newton-John
-2 2 WAITING FOR A GIRL LIKE YOU - Foreigner
-3 5 LET’S GROOVE - Earth, Wind and Fire
-4 4 OH NO - The Commodores
-5 6 YOUNG TURKS - Rod Stewart

-6 13 I CAN’T GO FOR THAT (No Can Do) - Daryl Hall and John Oates
-7 8 WHY DO FOOLS FALL IN LOVE - Diana Ross
-8 9 HARDEN MY HEART - Quarterflash
-9 10 DON’T STOP BELIEVIN’- Journey 
10 11 LEATHER AND LACE - Stevie Nicks (with Don Henley)


◆スタジオバージョンです。



◆こちらはアーネルがボーカルのライヴ。



◆映画「Rock Of Ages」のフィナーレのシーン。



(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Escape
・Wikipedia Don't Stop Believin'