毎年この時期になると街を歩いていても耳にするこの曲。
2年前のクリスマスを想い出す…ジョージ、淋しいよ。




ジョージ、安らかにお眠りください。(;_;)

Songwriters MICHAEL, GEORGE
Lyrics c Warner/Chappell Music, Inc.

Released in 1984
UK Single Chart#2
From The Album“Music from the Edge of Heaven”

R-2447589-1284565457.jpeg


Last Christmas I gave you my heart
But the very next day you gave it away
This year to save me from tears
I'll give it to someone special

去年のクリスマス
僕はきみに愛を捧げたんだ
でもきみは
次の日にはもう捨て去ってしまった
今年はもう泣きたくないんだよ
僕の愛は誰か別な特別な人に捧げよう

Last Christmas I gave you my heart
But the very next day you gave it away
(You gave it away)
This year to save me from tears
I'll give it to someone special
(Special)

Once bitten and twice shyed
I keep my distance
but you still catch my eye
Tell me baby, do you recognize me?
Well, it's been a year,
it doesn't surprise me

“一度目の失敗で二度目は臆病に”
きみと距離を置いたけど
どうしてもきみを見てしまう
ねえ教えて きみは僕に気づいてるの?
まあ もう1年経ってしまったから
僕も驚きはしないけど

(Merry Christmas)

I wrapped it up and sent it
With a note saying 'I love you,'
I meant it
Now I know what a fool I've been
But if you kissed me now
I know you'd fool me again

心をくるんできみに送ったよ
“I Love You”ってメッセージを添えて
“愛してる”って伝えたくて
今にしてみれば
僕はどんな馬鹿だったかわかる
でももしいま きみが僕にキスしてきたら
僕はまたきみに騙されちゃうよ

Last Christmas I gave you my heart
But the very next day you gave it away
(You gave it away)
This year to save me from tears
I'll give it to someone special
(Special)

去年のクリスマス
僕はきみに愛を捧げたんだ
でもきみは
次の日にはもう捨て去ってしまった
今年はもう泣きたくないよ
僕の愛は誰か別な人に捧げることにして
(特別な誰かにね)

Crowded room,
friends with tired eyes
I'm hiding from you and your soul of ice
My god, I thought you were someone to rely on
Me, I guess I was a shoulder to cry on

混み合ったパーティールーム
友達も疲れた目をしている
僕はきみと きみの冷たい心から距離を置くよ
ああ きみは信頼できると思ってたんだ
僕? 僕はきみが泣きたいときに
肩を貸せる便利な存在に過ぎなかったんだ

A face on a lover with a fire in his heart
A man undercover but you tore him apart
Ooh hoo, now I've found a real love
You'll never fool me again

恋人達の表情は心に情熱の炎がある
僕はきみへの密かな想いを引き裂かれた男
ああ いま僕は本物の愛を見つけたよ
だからもう きみに
心を振り回されたりしないんだ

Last Christmas I gave you my heart
But the very next day you gave it away
(You gave it away)
This year to save me from tears
I'll give it to someone special
(Special)

A face on a lover with a fire in his heart
(Gave you my heart)
A man undercover but you tore him apart
Maybe next year I'll give it to someone
I'll give it to someone special
(Special)

心に炎を燃やし 恋をしている男の顔
(そいつはきみに愛を捧げた男)
きみへの密かな想いを引き裂かれた男
来年こそは 特別な誰かに愛を捧げられるかな
特別な誰かに僕の愛を捧げるよ…
(特別な誰か)

Someone
Someone
I'll give it to someone
I'll give it to someone special
Who'll give me something in return
(I'll give it to someone)
Hold my heart and watch it burn
(I'll give it to someone)
(I'll give it to someone)
(I'll give it to someone special)

I thought you were here to stay
How can you love me for a day?
I thought you were someone special!

きみはここにいてくれるよね?
1日だけでも僕を愛してくれないかな?
僕にとっては
きみこそ特別な人なんだから

Gave you my heart
(I'll give it to someone)
(I'll give it to someone)

愛を捧げるよ

Last Christmas I gave you my heart
You gave it away
(I'll give it to someone)
(I'll give it to someone)

去年のクリスマス 愛を捧げたけど
きみは捨て去ってしまったのさ
(誰か別な人に捧げよう)
(僕の愛を届けよう)


日本語訳 by 音時


517gBT4TueL

◆ワム!の「ラスト・クリスマス」。「去年僕をフッたきみ、僕の愛は別な人にあげることにするよ」という歌だと思っていたのですが…よくよく歌詞を味わってみると、ちょっと違うかも…?と思えてきました。

◆構造としては、

(去年のクリスマス)
・きみに愛を捧げたけど、きみは捨て去った。

(今年のクリスマス)
・別な人に愛を捧げることにするよ(予定)。

(来年のクリスマス)

・別な人に愛を捧げられるかな(may be)。

となっているんですね。

そして歌詞の途中で、

Ooh hoo, now I've found a real love
You'll never fool me again

“ほんとの愛を見つけたから、
もうきみは再び惑わすことはできないよ”
と彼は言います。この「本物の愛」の解釈を2通り考えました。

(1)実はまだ手にしていないけど彼は「強がって」言っている。
そしてもう一つは

(2)彼女に心捧げてフラれたけど、僕はやっぱり彼女が好き。
だからもう心惑わされず、彼女への愛を貫くのだ! という解釈。

このブログでの解釈はこの(2)を採用しました。

R-245054-1229545118.jpeg


◆歌詞に出てくる、
A face on a lover with a fire in his heart
(Gave you my heart)
A man undercover but you tore him apart
は、彼自身だったのです。

心に炎を燃やし 恋をしている男の顔
(そいつはきみに愛を捧げた男)
きみへの密かな想いを引き裂かれた男

◆一方、彼は「きっと今年も僕の想いは通じないだろうな。だからまた来年の僕は“もう彼女のことなんて知らない。僕は別な人を好きになるんだ”と言っているんじゃないだろうかと自嘲する…。
でも、彼女にこう呼びかけるのです(心のなかで?言葉にして?は不明)

I thought you were here to stay
How can you love me for a day?
I thought you were someone special!

きみはここにいてくれるよね?
1日だけでも僕を愛してくれないかな?
僕にとってはきみこそ特別な人なんだから

◆みなさんの解釈はどうでしょうか?