この曲は一時期、自分のテーマソングにしてました...心の中でね。
俺は Lonsome loser、だけど負けない、あきらめない!

 

◆コーラスから始まるオープニングが印象的な曲です。
冒頭のビデオはラフなデモを録ってる場面からステージに代わり、演奏と歌が始まるのがなかなか好きです。「Queen Of Heart」は恋をよく知ってて、彼からすると高嶺の花の女性か!?

◆リトル・リバー・バンドは「Help is On Its Way」「Reminiscing」の曲の良さとコーラス、演奏、詩のすべてに感動して、いよいよ次のアルバム発表ということで作成されたのが「栄光のロング・ラン」という邦題のついたアルバム「First Under The Wire」でした。

51dq4kdW8RL._SX355_

 アルバムジャケにもランニングする人の写真が出てるけど、「1位になって白いテープを切る」瞬間を言ってるんだろうな。邦題も意味はちょっと変わってるけど、オーストラリアで力を付けたベテランのグループがようやく全米でもヒットチャートに昇ってきたことを讃えるという意味でも、結構いいタイトルをつけたな、と思います。

Songwriters: BRIGGS, DAVID JOHN
lyrics c Warner/Chappell Music, Inc.

Released in 1979
US Billboard Hot100#6
From The Album“First Under The Wire”

Loneson LRB


Have you heard about the Lonesome Loser?
Beaten by the Queen of Hearts every time.
Have you heard about the Lonesome Loser?
He's a loser but he still keeps on trying.

孤独な負け犬のことを聞いたことがあるか?
ハートのクイーンにいつも負けてる奴なのさ
孤独な負け犬のことを聞いたことがあるか?
奴は負け続けだけどあきらめてはいない

Sit down, take a look at yourself
Don't you want to be somebody?
Someday somebody's gonna see inside
You have to face up, you can't run and hide.

座りなよ 自分自身を見てごらん
他の誰かになんかなりたくないだろ?
いつかは誰だって自分に気づくのさ
立ち向かうんだ 逃げ隠れできないんだ

Have you heard about the Lonesome Loser?
Beaten by the Queen of Hearts every time.
Have you heard about the Lonesome Loser?
He's a loser but he still keeps on trying.
 
孤独な負け犬のことを聞いたことがあるか?
ハートのクイーンにいつも負けてる奴なのさ
孤独な負け犬のことを聞いたことがあるか?
奴は負け続けだけどあきらめてはいない

Unlucky at love at least that's what they say
He lost his head
and he gambled his heart away
He still keeps searching
though there's nothing left
Staked his heart and lost,
now he has to pay the cost

少なくとも恋に関しては
運が悪いって言われてるよな
どうしていいかわからずに
心をいちかばちか賭けてしまったんだ
もう何も残ってないのに
まだ探し続けてる
心を賭けて失い
いまその代償を払わないといけないのさ

Have you heard about the Lonesome Loser?
Beaten by the Queen of Hearts every time.
Have you heard about the Lonesome Loser?
He's a loser but he still keeps on trying.
"It's okay." he smiles and says
But this loneliness is driving him crazy.
He don't show what goes on in his head
But if you watch very close you'll see it all

「大丈夫さ」と奴は笑ってこう言った
でもこの孤独が奴を自暴自棄にしているんだ
奴は思ってることを見せたりはしない
でも近づいてよく見れば
何もかもがわかるはずなのさ

Sit down, take a look at yourself
Don't you want to be somebody?
Someday somebody's gonna see inside
You have to face up, you can't run and hide.

座んなよ 自分をよく見てみなってば
お前はお前のままでいたいんだろ?
いつかは誰だって自分に気づくんだ
そんときゃ顔を上げて立ち上がれ
逃げたり隠れたりしちゃだめなんだ

Have you heard about the Lonesome Loser?
Now tell me
have you heard about the Lonesome Loser?

孤独な負け犬のことを聞いたことがあるか?
なあどうだい?
孤独な負け犬のことを聞いたことがあるか?


(Words and Idioms)
stake=(金などを)賭ける

日本語訳 by 音時

R-2411223-1450095937-4893.jpeg


◆Lonesome Loserが最高位6位を記録した週のチャートです。
US Top 40 Singles October 6, 1979

マ・マ・マ・マイシャローナに代わって、1位はロバート・ジョンの「Sad Eyes」。長い時間をかけて(21週)ようやく1位になりました。でも2位にマイケルがすぐ控えています。3位ハーブ・アルパートのインストゥルメンタル・ナンバー「Rise」もマイケルのあと1位に。コモドアーズで僕の好きなSail Onは残念ながら1位にはなれず。

1 2 SAD EYES –•– Robert John
2 4 DON’T STOP ‘TIL YOU GET ENOUGH –•– Michael Jackson
3 3 RISE –•– Herb Alpert
4 1 MY SHARONA –•– The Knack
5 8 SAIL ON –•– The Commodores

6 6 LONESOME LOSER –•– The Little River Band
7 7 I’LL NEVER LOVE THIS WAY AGAIN –•– Dionne Warwick
8 11 POP MUZIK –•– M
9 5 AFTER THE LOVE HAS GONE –•– Earth, Wind and Fire
10 19 DIM ALL THE LIGHTS –•– Donna Summer

ナレーターの紹介も入るスタジオでの演奏(1980)です。





(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia Little River Band
・45cat website