映画「グリース」(Grease)の挿入曲。この映画も楽しかったな。
「あなたの夏休みはどうだった?」って歌ですね。






ストーリーはたいしたことない(失礼)が、ミュージカル映画として歌も雰囲気も楽しい。なんといっても「フィーバー!」で人気になったジョン・トラボルタと、歌姫オリビアの主演ですから。(wikipediaを見たら、最初に日本でテレビ放映を水曜ロードショーで1981年にしたときは、日本語吹き替えは野口五郎と桜田淳子だったんだって。これは覚えてないな)

◆歌はダニー(ジョン)とサンディ(オリビア)の掛け合いで進んでいく。途中、男の子(サンダーバード)と女の子(ピンクレディー)がそれぞれ、「聞かせて、それでどうした?」と突っ込んでくる。
 ダニーはカッコつけ、オリビアはロマンチックにそれぞれ脚色して思い出を話すところ(だから、話しが食い違ったりする!)のが面白いですね。

20180720134742b4c

 物語は、こうして夏の思い出を友達に自慢したあと…現実の再会!そしてどうなるか…はネタばれなので教えない。映画を見てください!

ダニー(ジョン)とサンディ(オリビア)のデュエット「You're The One That I Want」(愛のデュエット)は以前和訳しました。こちらもご参考に…!

Writer(s) Jim Jacobs, Warren Casey
lyrics © EMI Music Publishing, Universal Music Publishing Group

Released in 1978
US Billboard Hot100#5
From The Album
"Grease Original Sound Track"

51SB7ZI3vpL

"Summer Nights"lyrics(英語詞はこちらのサイトからいただきました)
注:訳の見やすさを考えて、男性が歌う場所を「青」、女性が歌う場所を「赤」にしましたが、決して性差別を意図したものではございません…m(__)m


[Danny]
Summer lovin' had me a blast
夏の恋は盛り上がってスゴかったよ

[Sandy]
Summer lovin' happened so fast
夏の恋はすぐに始まったの

[Danny]
I met a girl crazy for me
出会った女の子が俺に夢中になってさ

[Sandy]
Met a boy cute as can be
とっても可愛い男の子に会ったの


[Both]
Summer days driftin' away, to uh-oh those summer nights
夏の日々は過ぎ去って 夏の夜へ続いていく…

[Thunderbirds]
Tell me more, tell me more Did you get very far?
教えろよ 教えろよ どこまで行ったんだ?

[Pink Ladies]
Tell me more, tell me more like does he have a car?
教えて 教えて 彼は車持ってたの?

[Danny]
She swam by me, she got a cramp
彼女は俺の側を泳いでて足をつったんだ

[Sandy]
He ran by me, got my suit damp
彼は私の側に駆け寄ってきて私の服を濡らしたの


[Danny]
I saved her life, she nearly drowned
俺は彼女を助けたんだ マジ溺れそうだったよ

[Sandy]
He showed off, splashing around
彼はカッコつけてたの 水しぶきを上げて

[Both]
Summer sun, something's begun, but uh-oh those summer nights
夏の太陽 何かが始まり、、、夏の夜へと...!

[Pink Ladies]
Tell me more, tell me more Was it love at first sight?
教えて 教えて 一目惚れってやつ?

[Thunderbirds]
Tell me more, tell me more Did she put up a fight?
教えろよ 教えろよ 彼女は嫌がったのか?


[Danny]
Took her bowling in the arcade
彼女をゲーセンのボウリングに連れてったのさ


[Sandy]
We went strolling, drank lemonade
私たちはレモネードを飲んで散歩したの


[Danny]
We made out under the dock
埠頭の陰でキスしたのさ

[Sandy]
We stayed out 'till ten o'clock
10時までずっと外にいたのよ

[Both]
Summer fling, don't mean a thing, but uh-oh those summer nights
ひと夏のロマンスさ 珍しい話じゃないよ
でもそして夏の夜に…!

[Thunderbirds]
Tell me more, tell me more  But you don't gotta brag
教えろよ 教えろよ でも自慢話はいいからな

[Pink Ladies]
Tell me more, tell me more Cos he sounds like a drag
教えて 教えて でも彼はイマイチみたいね


Shoo-bop bop, shoo-bop bop, shoo-bop bop,shoo-bop bop,
shoo-bop bop, shoo-bop bop, shoo-bop bop, YEH

[Sandy]
He got friendly, holding my hand
彼は親しくなって私の手をにぎったの

[Danny]
While she got friendly down in the sand
砂浜でさ 彼女はずっと好意的だったんだ

[Sandy]
He was sweet, just turned eighteen
彼は優しいの 18歳になったばかり

[Danny]
Well she was good you know what I mean
彼女は素敵だったよ わかるだろ


[Everyone]
Woah!
ワァオ!

[Both]
Summer heat, boy and girl meet, but uh-oh those summer nights
夏の熱気 男の子と女の子が出会って…
そして ああ あの夏の夜…! 

[Pink Ladies]
Tell me more, tell me more How much dough did he spend?
教えて 教えて 彼はいくらお金出してくれた?


[Thunderbirds]
Tell me more, tell me more Could she get me a friend?
教えろよ 教えろよ 彼女 友達を紹介してくれる?


[Sandy]
It turned colder - that's where it ends
季節は涼しくなってきて…物語も終わるの


[Danny]
So I told her we'd still be friends
彼女にいつまでも友達でいようって言ったんだ

[Sandy]
Then we made our true love vow
そして私たちは永遠の愛を誓ったの

[Danny]
Wonder what she's doing now
彼女は今何をしているんだろう?


[Both]
Summer dreams ripped at the seams,
Bu-ut oh, those su-ummer nights....
夏の夢は季節の変わり目で終わったの
でも ああ なんて素敵な夏の日々…

[Everyone]
Tell me more, tell me more!
もっと教えて もっともっと!…


(Words and Idiom)
blast=盛り上がってワイワイ
get a cramp=痙攣を起こす
show off=見せびらかす
fling=やりたい放題
damp=湿らす
put up a fight=抵抗する
arcade=ゲームセンター
brag=自慢話
drag=退屈、つまらないもの
dough=現金
rip=引き裂く
seam=縫い目 合わせ目


日本語訳 by 音時


SummerNights

◆"Summer Nights"は「The 50 best summer songs of all time」のサイト(2018/05/22)の19位です。
さて、あなたの好きな夏の歌は50曲のなかに入っているかな?(^▽^) こちらをどうぞ


◆2002年にオリビア、ジョンほか、みんなが再会した!同窓会だね。懐かしい仲間たちが集まった。




(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia Summer Nights
・Wikipedia Greace Original Sound Track