思わず踊りたくなるこの曲。
2014年のグラミー賞ステージでのパフォーマンスも圧巻でした。



ダフト・パンク(Daft Punk)は、フランスのハウス/ディスコ/エレクトロ・デュオ。
トーマ・バンガルテルとギ=マニュエル・ド・オメン=クリストの2人組。ライブやビデオでは、ロボコップのような仮面をかぶり素顔を公開しない、ユニークなパフォーマンスをしています。ウィキペディアによると、"ロボットになってしまった理由"として、1999年9月9日にコンピュータのバグで機材が爆発。その事故によって2人はサイボーグになってしまったそうです(インターステラ5555のプロモーションビデオのインタビューで語られている)

migGetLocky

◆"Get Lucky"のボーカルにはファレル・ウィリアムス、ギターにはナイル・ロジャースが参加しています。
 ダフト・パンクの2人はファレルとは、マドンナのパーティで出会い、そこでファレルが「タンバリンを叩くだけでもオレはやるつもりだ」と話し、楽曲制作に参加することが決まったとのこと。その後パリで会った際にファレルが音楽的に「ナイル・ロジャースなムード」を2人に伝えると、すでにダフト・パンクはナイル・ロジャースとのレコーディングを行っており、ファレルは「クレイジーな話だよ。大西洋の反対側にいながら、オレたちの心は同じ場所にあったんだから」と振り返っている..!
 ミュージシャンどうし、コラボすることによってさらに別な何かが生み出されると感じるものがあったんでしょうか。この作品の出来は…必然でもあったのかな。
 そして、グラミー賞のステージでの演奏は圧巻でした。ダフト・パンクにファレル・ウィリアムスに加え、ナイル・ロジャースに、なんとスティーヴィー・ワンダーが!

◆"ダフト・パンク"の演奏では聴いたことがないけれど、昨年デュラン・デュランの日本武道館公演のオープニング・アクトで登場したシック feat.ナイル・ロジャースのライブにてこの曲が聴けました。ナイルのギターカッティングに思わず体が動きだしてしまいました!

(Guy-Manuel de Homem-Christo, Thomas Bangalter, Nile Rodgers, Pharrell Williams)

Released in 2013
US Billboard Hot100#2
From The Album“Random Access Memories”

get-lucky

"Get Lucky"lyrics(英語詞はこちらのサイトからいただきました)

Like the legend of the phoenix
All ends with beginnings
What keeps the planet spinning
The force of love beginning


不死鳥伝説のように甦るのさ
すべての終わりは始まりなんだ
この惑星をくるくる回し続けるのは
愛が始まる力なんだ

We've come too far
To give up who we are
So let's raise the bar
And our cups to the stars

俺たちこんなに遠くにやってきたんだ
今までの俺たちなんて忘れよう
そして一歩関係を深めてみないか
星たちに向けて乾杯しよう

She's up all night 'til the sun,
I'm up all night to get some
She's up all night for good fun,
I'm up all night to get lucky

あのコは朝まで起きてるんだ
俺は夜通し あのコをもっと知りたいよ
あのコも夜通し 楽しむんだ
俺は夜通し 幸運をつかみたい

We're up all night 'til the sun,
We're up all night to get some
We're up all night for good fun,
We're up all night to get lucky

俺たち 朝まで起きてるんだ
俺たち 互いに夜通し知り合うのさ
俺たち 夜通し 楽しむのさ
俺たち 幸運を離さないぜ

We're up all night to get lucky,
We're up all night to get lucky
We're up all night to get lucky,
We're up all night to get lucky

俺たち 夜通し愛し合うんだ
俺たち 幸運が舞い込んでるのさ
俺たち 夜通し愛し合うんだ
俺たち 幸運を確かめ合うのさ

The present has no ribbon
Your gift keeps on giving
What is this I'm feeling?
If you want to leave, I'm with it

プレゼントにはリボンはいらない
おまえからの贈りものは永遠に続くもの
この俺の気持ちは何だろう?
おまえがどこかに行きたいのなら
俺は一緒にいくよ

We've come too far
To give up who we are
So let's raise the bar
And our cups to the stars

俺たちずっと一緒にやってきたんだ
これまでの俺たちにサヨナラしようぜ
そして次の段階に進んでいこう
星たちよ 俺たちを見守っていてくれ

She's up all night 'til the sun,
I'm up all night to get some
She's up all night for good fun,
I'm up all night to get lucky

あのコは朝まで起きてるのさ
俺は夜通し あのコをもっと知りたいんだ
あのコも夜通し 楽しむんだ
俺は夜通し 幸運をつかみたい

We're up all night 'til the sun,
We're up all night to get some
We're up all night for good fun,
We're up all night to get lucky

俺たち 朝まで起きてるんだ
俺たち 互いに夜通し知り合うのさ
俺たち 夜通し 楽しむのさ
俺たち 幸運を離さないぜ

We're up all night to get lucky,
We're up all night to get lucky
We're up all night to get lucky,
We're up all night to get lucky

俺たち 夜通し愛し合うんだ
俺たち 幸運が舞い込んでるのさ
俺たち 夜通し愛し合うんだ
俺たち 幸運を確かめ合うのさ

We're up all night to get
We're up all night to get
We're up all night to get
We're up all night to get

オレタチ ナニカヲツカムンダ
オレタチ ヨドオシアイシアオウ
オレタチ ナニカヲツカムンダ
オレタチ ヨドオシアイシアオウ

We're up all night to get lucky
We're up all night to get lucky
We're up all night to get lucky
We're up all night to get lucky

オレタチ コウウンヲツカムンダ
オレタチ コウウンニツツマレテ
オレタチ コウウンヲツカムンダ
オレタチ コウウンヲタシカメル

We've come too far
To give up who we are
So let's raise the bar
And our cups to the stars

俺たちずっと一緒にやってきた
これまでの俺たちにサヨナラさ
そして次の段階に進もうぜ
グラスをかかげて 星たちに乾杯!

She's up all night to the sun,
I'm up all night to get some
She's up all night for good fun,
I'm up all night to get lucky

あのコは朝まで起きている
俺はあのコをもっと知りたいのさ
あのコも夜通し 楽しむんだ
俺は夜通し 幸運をつかみたい

We're up all night to the sun,
We're up all night to get some
We're up all night for good fun,
We're up all night to get lucky

俺たち 朝まで起きている
俺たち もっと知り合いたいのさ
俺たち 夜通し 楽しむんだ
俺たち 幸運をつかむのさ

We're up all night to get lucky,
We're up all night to get lucky
We're up all night to get lucky,
We're up all night to get lucky

俺たち 夜通し愛し合うんだ
俺たち 幸運が舞い込んでるのさ
俺たち 夜通し愛し合うんだ
俺たち 幸運を確かめ合うのさ

(Words and Idioms)
gift that keeps on giving=うれしさが続く贈り物、永遠の贈り物


日本語訳 by 音時




◆グラミーの"Record Of The Year"受賞の場面。プレゼンテーターはスモーキー・ロビンソンとスティーヴン・タイラーでした。



◆シック feat.ナイル・ロジャースの"Get Lucky"。最初の部分は女性ボーカルが盛り上げて…ダンス!



◆アルバム「Randam Access Memory」のオープニングはこの曲"Give Life Back To Music"。ダフト・パンクのアニメversion。ナイルのギターもGood!