洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

◆基本的に毎日5:00、On Timeに更新します。
◆あなたの想い出の曲が登場したら、ぜひその想い出もコメントしてください…!
アーティスト紹介のブログではなく、楽曲主体の記事になっていますので、できましたらその曲についての思い出や和訳の感想などをいただけるとありがたいです。
(初めてコメントされる方は、簡単にでも自己紹介をお願いいたします。いきなり自分の言いたいことだけコメントされる無礼な方には返信しませんのでご了解ください)*注文が多くてゴメンナサイ…m(__)m
◆和訳のリクエストはいただいても実現をお約束できません。英語が得意な訳ではないので、自分の気に入った、解釈可能な曲でないと無理です(^_^;)。でも知らない曲でも、その曲の想い出を聞いたりするのは好きですので、想い出と一緒に曲をご紹介頂ければできるだけチャレンジしたいと思っております。
◆ヒットした年別検索、アーティスト別検索は、右の「タグ絞り込み検索」からできます。

(コメント欄は承認制にしております。ご了解ください)

 アルバム"Tusk"のリンジー曲で一番好きな曲"What Makes You Think You're The One"、邦題「何が貴女を」です。 リンジーが大きな声で想いを込めて歌うのが好きだなあ。長身のミックがドラムを4つ打ちして始まるイントロ、ミックのドラミングもダイナミックです。  幸運 ...

 星船さん、なかなか渋いところ来ましたね! (「ビルボードチャート日記」by 星船さん)この曲は全米トップ40内も3週の最高位は35位で…僕は記憶がありませんでした!リクエストコーナーで石田豊さんが、流してくれたのかな。 あれ?でも、僕の持っているチャート本(Joe ...

ビートルズのデビューアルバムから気に入ってるこの曲“アスク・ミー・ホワイ“です。最初にこのアルバムを流して聴いたとき、この曲の歌詞に"Misery"って歌われるのを聴いて、「あれっ?この曲が"ミザリー"だっけ?」と確認してしまいました。("Misery"はA面2曲目の曲)◆" ...

 "Black Cat"はバリバリのロック・チューン!大ヒットアルバム"リズム・ネイション"からの第5弾シングルでしたが、ビルボードチャートでも1位になりました!◆ジャネットはほんとにうれしかったでしょうね。というのは、この曲はジャネット自身のペンによるもの。兄マイケル ...

 ジョンとポールのコーラスが気持ちよくてカッコ良く、僕のお気に入りの1曲でもあります。◆アルバム“Please Please Me”のA面トップの"I Saw Her Standing There"が終わると…ギターがジャラララ~ンと鳴って、ジョンとポールの"The world is treating me bad... Misery! ...

 おおっドゥービー始動!トム、パットにマイケル・マクドナルドが加わって、頑張ってるー!ドゥービー・ブラザーズ with マイケル・マクドナルド 50周年記念ツアー開始 映像がネットに(amass.jp) ドゥービー・ブラザーズ50周年記念ツアーは、往年のメンバーにマイケル・ ...

    過ぎていく夏。明日から9月ですね。 ロッドの色男ぶり全開!の曲です。 この曲は好きだったなあ。アルバム「スーパースターはブロンドがお好き(Blondes Have More Fun)」は、「アイム・セクシー(Da Ya Think I'm Sexy?)」が目立ったけど、小粒だけどいい曲は沢 ...

 今から7年前の2014年8月31日に63歳で、この世を去ってしまったジミ・ジェイミソン。ジミがリード・ボーカルをとっていた頃の80年代中盤、サバイバーはよく聴いたバンドだったし、沢山のヒット曲も出してくれました。 もちろん、サバイバーは、映画「ロッキーⅢ」(Eye of ...

 波の音、鳥の声から始まる、マイケルの可愛い歌声...。  「スリラー」大ヒットの翌年1984年、マイケルの「新曲か!」と思ったら、若い頃に録音した未発表曲を集めたアルバムが出されたんですね。この曲はそのタイトル曲でした。1973年の録音ということは...ソロの「Ben」 ...

きみの住む通りを歩く、きみの住む街に行く...日本のアーティストの曲だと結構いろいろ思い浮かんだ(後述)のですが、洋楽曲だとちょっと珍しいかなと思いました。(アメリカは広いしね)◆この曲はバングルズの全米1位の大ヒット“Walk Like an Egyptian”に続くシングルカ ...

8月の夜の部(18時更新)は「夏の思い出 / 過ぎていく夏」をテーマに既掲載の曲も含めてお届けしています。(今日も含めてあと3曲だな…) ただ、僕の頭のなかには、この季節に、洋楽以外でも浮かんでくる曲があります。 このブログ「Neverending Music」は洋楽の和訳と ...

 1995年2月の武道館公演。2階席ではありましたたが90年代のロックを体感した夜でした。アンコールの“Everybody Hurts”の感動は覚えています。 武道館の天井が夜空になり、そこに沢山の星がきらめいていて、マイケル・スタイプの「Everybody hurts~」「~Hold On」という ...

夏から秋、あの夏を忘れられない...って歌が洋楽POPSには多いんだなって改めて気付かされます。 この曲「サンダー・アイランド」は、イントロが印象的。“トゥルルル、トゥルル、トゥルル、トゥルルルル~”“シャ、ラ、ラ、ラ、ラ、ラ、マ・レイディ~”途中とラストに入る ...

そうか、この曲はよく聴いた記憶があるのですが、トップ40には入ってこなかったのか。それじゃあ、日本でラジオでよくかかっていたのかなあ。リンダの元気で迫力のある声が聴けるのが魅力の曲でした。◆アルバム「Living In The U.S.A」はローラースケートファッションの元 ...

夏の日の夜に聴きたい音楽…。この曲を忘れてはいけません!◆ボズ・スキャッグスです。この曲"Harbor Lightは"アルバム「Silk Degrees」ではA面ラストに位置し、異国情緒たっぷりの哀愁ソング。歌詞に"トーキョーローズ"なんて出てきてしまう。ラストに向かって軽快なタッチ ...

 イントロが長く続き、何が始まるんだろう…とちょっとどきどきしました。まだStyxのプログレ色が強かった印象がありましたね。この曲はアルバム「The Grand Illusion(邦題:大いなる幻影)」から、「永遠の航海(Come Sail Away)」に続くシングルとしてリリースされまし ...

映画「グリース」(Grease)の挿入曲。この映画も楽しかったな。「あなたの夏休みはどうだった?」って歌ですね。 ストーリーはたいしたことない(失礼)が、ミュージカル映画として歌も雰囲気も楽しい。なんといっても「フィーバー!」で人気になったジョン・トラボルタと ...

ジョリーン、ジョリーン…ってホントに流行りました。日本で流行した洋楽ですね。オリビアが最後ものすごく高い声で"ジョリーン~"って歌うところを真似する男の子の友達がいました。また"髭剃りの歌か?(ジョリ、ジョリ…)"っていうくだらない冗談もしてましたね?(しま ...

↑このページのトップヘ