洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

◆基本的に毎日5:00、On Timeに更新します。
◆あなたの想い出の曲が登場したら、ぜひその想い出もコメントしてください…!(初めてコメントされる方は、簡単にでも自己紹介をお願いいたします)
◆和訳のリクエストはいただいても実現をお約束できません。英語が得意な訳ではないので、自分の気に入った、解釈可能な曲でないと無理です(^_^;)。でも知らない曲でも、その曲の想い出を聞いたりするのは好きですので、想い出と一緒に曲をご紹介頂ければできるだけチャレンジしたいと思っております。
◆ヒットした年別検索、アーティスト別検索は、右の「タグ絞り込み検索」からできます。
◆Facebook  
https://www.facebook.com/eiennoongaku2018/
◆Twitter
https://twitter.com/NeverendingMus2?lang=ja

 エリックの名前を冠した「Eric Carmen」というアルバムは2種類あります。ラズベリーズからソロになった際のデビューアルバム=通称「金エリック」。そしてもう1枚は「Change Of Heart」から4年のブレイクを経て1984年にリリースしたアルバム「Eric Carmen」=「Eric Carme ...

「俺は自由に生きていくんだ」「音楽が大好きなんだ」というこの曲。軽快に始まり、同じ調子で続き、さっと終わってしまう。でもその間に音楽と友人を愛し、そのように生きて行く男の生き方が伝わってきます。◆当時「全米トップ40」を聴いていても、チャートも20位で止ま ...

「オズの魔法使い」と主人公の名前がドロシーということ。そしてこの曲「Over The Rainbow」は知っていたけど、演じていた子役の名前が「ジュディ・ガーランド」ということは知りませんでした。 そしてこのジュディが1961年のカーネギー・ホールでのコンサートを収録したラ ...

さてサウンドトラック「Footloose」アルバムのラストを飾るのは、ネバネバネバネバ...といっても納豆やオクラじゃございません(オジサンギャグはいらないよ)。1983年に全米29位にランクインした"What About Me"をヒットさせたオーストラリアのロックグループ「Moving Pic ...

  ギターをかき鳴らすイントロ、疾走感のあるロックではサミー・ヘイガーの右に出るアーティストはいませんね!コーラスも楽しい、なかなかヒット性のある曲だったんですけど、シングルにはならなかったようですね。(サントラのなかで唯一シングルカットされなかった曲 ...

 これまで取り上げてきたカーラ・ボノフの和訳記事はこちらです。B面3曲めはカーラ・ボノフ「Somebody's Eye」。この曲はヒットは残念ながら全米109位止まり。うーむ、イージーリスニング的にはいいんだけど、単独でヒットとなると、そこまでの曲じゃないってところかな。 ...

脱獄?逃げるケニー、なんだかすごいビデオだな。 フットルースサントラよりB面2曲めはケニーの2曲め「アイム・フリー」です!なかなかテンポ早くてハードなこの曲。バックでギター弾いてるのはスティーヴ・ルカサー様でございます。副題は"Heaven Helps the man"。英語のこ ...

  はい、サントラのB面1曲めはシャラマー「ダンシング・イン・ザ・シーツ」。僕は最初聴いたときはプリンスの「1999」を想い出しちゃいましたけど...楽しいダンサブルソングですね。サントラからは4曲めのシングル・カットでこちらもヒットしました!(最高位全米17位) ...

  80年代に青春を送っていた皆さん、この曲知らないひとは少ないでしょう…! 米国では映画"フットルース"の挿入歌、日本では麻倉未稀さんがドラマ「スクール・ウォーズ」の主題歌(日本語カバー)を歌ってましたね。 ◆でも歌詞は…日本語では麻倉未稀さんが「胸に眠るヒ ...

 映画「フットルース」の愛のテーマ「Almost Paraadise」です。作者はエリック・カルメンなのですが、デュエットはマイク・レノ(Loverboyのボーカル)、アン・ウィルソン(Heartのボーカル)という取り合わせが当時としては豪華なデュエットでした。 「フットルース」の ...

   この曲は大ヒットした青春映画「フットルース」に使われて、ケニー・ロギンスのタイトル曲と合わせて、全米No1になりました! "涙のデュエット(Too Much Too Little Too Late)"でジョニー・マティスとのデュエットでNo1になったデニース・ウィリアムスがトップ40に戻 ...

【これまで取り上げてきたジム・クロウチの和訳記事はこちらです】 この曲は流れるようなギターが印象的。そして「ニューヨークは僕の故郷じゃない」ってことが伝わってくる歌!です。うーん、わかる...。 ◆ジムはペンシルバニアで育ったのですが、音楽で生活していくため ...

【これまでに取り上げたPat Benatarの和訳記事はこちらです】パット・ベネターのこの曲"インヴィンシブル"は輸入盤のシングルを買ったなあ。このピンクのイラストのジャケット、覚えてます。◆この曲の作者はSimon Climie と Holly Knight。Simonはジョージとアレサの"I Knew ...

ん~哀愁漂うこの曲、歌謡曲だよね...(^▽^;)なんかこの曲、やっぱり寒い時期に聴いた気がします。調べてみるとNo1になったのが2月。12月くらいからチャートに登場し2月にトップに…そんな時期にラジオで聴いていたってことなんですね。季節の移り変わりもなんとなく冬から春 ...

アラニスの4月の来日公演は...どうなるのでしょうか?名作アルバム「Jagged Little Pill」の発売25周年記念ツアーで、アルバム全曲披露!があります。4月2日(木)東京・豊洲PIT4月3日(金)大阪・Zepp Namba ではありますが...。(LIVE NATION Webサイト)◆僕のブログでアラニ ...

(最後にブライアンの"ドモアリガトウ"が聞けます…日本公演の動画ですね) 1987年リリースのブライアンのアルバム"Into The Fire"。そのタイトル曲がこの曲です。 前作、アルバム"Reckless"でブライアンが大ブレイクしました。シングルヒットも数多く生まれましたから、ブ ...

↑このページのトップヘ