洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

◆基本的に毎日5:00、On Timeに更新します。
◆あなたの想い出の曲が登場したら、ぜひその想い出もコメントしてください…!(初めてコメントされる方は、簡単にでも自己紹介をお願いいたします。いきなり自分の言いたいことだけコメントされる無礼な方には返信しませんのでご了解ください)
◆和訳のリクエストはいただいても実現をお約束できません。英語が得意な訳ではないので、自分の気に入った、解釈可能な曲でないと無理です(^_^;)。でも知らない曲でも、その曲の想い出を聞いたりするのは好きですので、想い出と一緒に曲をご紹介頂ければできるだけチャレンジしたいと思っております。
◆ヒットした年別検索、アーティスト別検索は、右の「タグ絞り込み検索」からできます。
◆Facebook  
https://www.facebook.com/eiennoongaku2018/
◆Twitter
https://twitter.com/NeverendingMus2?lang=ja

下のOfficial PVはシングル・ヴァージョンで歌詞が一部省略されています。でも美しいナンシー嬢を見たいからこっち見ちゃいますネ! ハートの初めての全米No1曲はウィルソン姉妹の妹のナンシーがリードヴォーカルを取ったこの曲“These Dreams”でした。 僕の持っている「 ...

 この曲「Runaway Train」で初めてソウル・アサイラムを知りました。聴きやすいメロディで「Runaway Train」ってタイトルが何かの逃避行をイメージしていていました。シングルCDを購入してミュージックビデオを見てビックリ。ミッシング・チルドレンを歌った歌だったとは... ...

 この曲は初めて聴いたのは小林克也さんのラジオ番組「百万人の英語」だったかなあ。リスナーの方が洋楽をラジオで歌うコーナーがあって、確かその人が歌ったのを聴いたのが最初だったような気がします。 ジョン・デンバーでも、PPM(ピーター、ポール&マリー)でもない ...

The Jamのデビュー曲"In The City"。2分とちょっとの長さの中に若いエネルギーがめっちゃ詰まってましたね!ギターもカッコいいし、ポール・ウェラーの歌い方も。そしてシングルやアルバムジャケットの"The Jam"って文字も、壁にスプレーで書いたタッチがカッコいい…!(← ...

うーん、なんかセツないですね。歌詞のすべてに意味を求めようとしてもわからない部分も多いのですが、作者がエリックとウッディであることもあって、メッセージが込められているのではないかと受け止めてしまいます。 アルバムタイトルにもなったこの曲は、・彼らのこれま ...

ニューヨークのとある雨の日のこと...同じ"Another Rainy Day In New York City"というタイトルの曲でもシカゴとは雰囲気もまるで違いますね。ただし、つけられた邦題の方は、シカゴは「雨の日のニューヨーク」ですが、ローラーズは「雨のニューヨーク」となっています。◆作 ...

 元ベイ・シティ・ローラーズのレスリーが天国に旅立って(4月20日)、半月が経ちました。 本日は一世を風靡したのち、彼らの人気も陰りが出てきた頃のアルバム「風のストレンジャー(Strangers in the Wind)」からすでに掲載した曲も含めて、3曲を取り上げていきます。  ...

ドン・ヘンリーのソロ・セカンド・アルバム“Building The Perfect Beast”。1stシングルの“Boys of Summer”はとても印象深い曲でありましたが、2ndシングルとなったこの曲も一度聴いたら記憶に残る曲でした。 また、何といっても作者がギタリストのダニー・コーチマーの ...

  この曲はエリックのソロ4thアルバムのタイトル曲。僕の行った1980年の来日公演(中野サンプラザ)でもお披露目してくれました。冒頭の音源はその来日のときのものだけど、この会場は「渋谷公会堂」とのことです。(Tonight You're Mine)◆このときはアルバム発売前で、先 ...

 ああかろうじて記憶があるなあこの歌。“Ooo-it's a mystery ♪”って繰り返し歌うところで“ミステッ↑リー”と高くなる女性ボーカル。バンド名は“Spider”っていうんだ。元気なポップソングで僕の好きな感じの曲であります。 “New Romance”...“新しい恋(恋愛)”、 ...

 スージーは小学校のときに初めて聴いて衝撃的でした。だって女性のロック・アーチストは知らなかったし、“ベースが私の子宮に響く”って?。シングル盤のジャケットなんかすごいよ。心のなかで『SMってこういうこというのかな?』なんてドキドキしたものです(笑)。当時 ...

  ストーンズのアルバム「女たち(Some Girls)」から“Miss You”が全米No1になりましたが、僕はそんなに好きじゃありませんでした。(←おい!) ちょっとチャートでもディスコ・ブラックが強くて、ストーンズにはもっとスカッとロックして欲しかったからかな。でも2nd ...

  えーこの曲は…レンタルレコードで借りました!(バリーゴメンナサイ)。1st Singleになった"人生は航海(Ships)"が好きで録音しましたよ。("Ships"もいい曲。イアン・ハンター作。ぜひ聴いてください)◆"人生は航海"(Ships)は全米9位。このアルバムからは次に"When I ...

サンタナとチャド(ニッケルバック)は結びつかなかったなあ。でも、このコラボ、なんとカッコいいんでしょう!あんなに夢中だった全米ビルボードチャートをこの2007年ころにはほとんど追いかけることもなく、この曲がトップ40にチャートインしていたことや、このコラボもだ ...

*この動画を作った方、元のアルバムジャケットは水色なのですが、次々に色が変わっていくの、すごいカッコいいです! 雑誌「ミュージック・ライフ」でも取り上げられていた「ロックの三大ギタリスト!」、エリック・クラプトンと、ジミー・ペイジは聴いたけど、最後の一人 ...

この曲“オブセッション”は1980年代のサウンドを代表するようなシンセポップでした。この妖しい感じの雰囲気や、男女のボーカルが入れ替わるところなど、ヒューマン・リーグの二番煎じ?のようには思いましたが、まあ時代の流行ソングでしたね。◆このグループは“アニモー ...

"ワン・マン・バンド"が聴きたくて買ったレオのLPレコード「ジャスト・ア・ボーイ」。そう売れたレコードではありませんでしたが、"名盤"と出会えて感謝しています!アルバム"Just A Boy"は名曲揃い。レオのイラストの入ったLPジャケットも素敵ですね。◆このアートワークは ...

↑このページのトップヘ